優しい時間 by gintaro

gintaro2.exblog.jp
ブログトップ
2016年 05月 04日

神代植物公園へ行ってまいりました。

先日、いつもながら弘子さんのHPを訪ねたら
いつも話に聞いていた葉っぱの教室の写真展をやっているとのこと
京王線のつつじヶ丘駅から12分?
どこかしら?っと思って調べると
神代植物公園行きのバスが出ている駅とのこと
そういえば、自分はいつも調布駅からバスだけど
石井先生はここからのバスを使っている
と聞いたことがあったな〜
ということで、昨日は横須賀を止めて深大寺へ

入ってすぐのシャクナゲ園はどうか?
ちょっと遅かったです・・・
f0233999_16333399.jpg
f0233999_16341385.jpg

では、バラ園は??
ちょっと早かったです・・・
f0233999_1635112.jpg
f0233999_1636225.jpg
f0233999_16362669.jpg

それに天気も良く、到着もお昼近くで
バラを撮るには最悪の強力コントラスト!
諦めました・・・(笑

葉っぱの写真展に寄るつもりなので
新緑の葉っぱの透かし撮りにしばらく熱中!
昨日も風が強くて、ちょっとぶれ気味ですが・・・
f0233999_16402617.jpg
f0233999_16404237.jpg
f0233999_16412899.jpg

ハルジオンに虫が止まっているので1枚
f0233999_16432989.jpg

バッタみたいな虫ですが、これは石井先生に聞いてみないとわかりません。
その隣に変わった紫色の花が・・・
f0233999_16453431.jpg

この子は芹葉飛燕草と言うそうです。
明治時代に中国から入ってきた外来種のようです。
これは、今朝弘子さんのHPを見たら
偶然投稿されていたので、分かりました(笑

さて、宮沢あきら先生の「ナチュラルフォト写真教室」作品展ですが・・・
いや〜びっくり! 
生徒の皆さんの作品は、プロ並みの丁寧な作品
いつも葉っぱの写真と聞いていても
イメージがつかめてなかったのですが、
今回、多くの葉っぱ写真を見て
なるほどな〜っと思いました。
花の写真は前後の綺麗なボケで
多少のごまかしが効きますが、
葉っぱの写真はまさしく光と構図
どう切り取るかが勝負のようです。
主役の配置場所ひとつで
作品になるかならないかが変わってしまう
こりゃ厳しい世界だと感じた次第です。
ナチュラルの意味を探したくなりました・・・
[PR]

by gintaro-y2 | 2016-05-04 17:28 | 新着写真 | Comments(2)
Commented by 弘子 at 2016-05-04 22:43 x
銀太郎さん
今晩は。

ナチュラルフォトの写真展も今回で7回目なのですが、今回はじめて私の掲示板に
案内をさせていただいたのですが、銀太郎さんにお出かけいただけて
とっても嬉しいです。

葉っぱの撮影は銀太郎さんのおっしゃられるように光を読んで
構図を決め、適正露出でシャッターを切ります。

マクロの花撮影は開放でほとんど撮ってますので、適正露出が
いまだに難しくて度々失敗していますが・・・・・

葉っぱ地味な被写体ですが、切り取り方ひとつで
お花に負けない存在感があると思います。

葉っぱ奥が深くてまだ多くは語れないのですが、写真展の回を重ねるごとに
「少しづつですが上達してきているかしら」と仲間同志で話しています。

銀太郎さんに興味を持っていただけて嬉しいです。
有難うございました<m(__)m>
Commented by gintaro-y2 at 2016-05-05 12:56
弘子さん こんにちは!
こちらこそ、大変勉強になりました。
教室の写真展はいろんな人の作品が観れて
大変参考になります。
その人なりの個性というものが出ており
それぞれ素敵なのですが
基礎となるものを感じることができますね。

最近は新しい機材をどう使いこなすかにばかり
気を使っていて、
ちょっとおざなり撮影だったかな〜(笑
被写体にもっと目を向けて行きたいと
改めて感じているところです。
また、よろしくお願いします。



<< 昨日は久里浜でシャレーポピー撮り      今日は新宿御苑で森林浴?? >>